入れ歯

入れ歯の特長

歯を失った場合の第一選択としては、インプラント治療があります。詳しくは、『インプラント』をご覧ください。しかし、インプラント治療も万能なわけではなく、インプラント手術への不安を抱いている方やアゴの骨の状態・持病を持っている方の場合には、インプラント治療が適応しない場合があります。その点、入れ歯であれば、すべての症例に適応するという特長があります

入れ歯を諦めていませんか?

depressed businessman入れ歯はすべての方に適応できるという特長がある反面、入れ歯で困っている人は、2,000万人以上と言われ、『噛めない・はずれる・食事がおいしくない』が入れ歯の三拍子と言われてきました。合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥ってしまいます。しかし、こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、 “入れ歯は噛めないもの”、“歯を失ってしまった以上、仕方のないこと”と入れ歯でおいしく食事をとることを諦めてしまっています。これは非常にもったいないことです。歯科医療は日進月歩の世界です。技術の進歩によりぴったりと合う入れ歯を作ることも可能になっています。ぴったりと合う入れ歯であれば、快適でおいしく食事をとることもできるのです。合う入れ歯と合わない入れ歯は何が違うのという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分にぴったりと合った入れ歯に出会う第一歩です。

歯科医院と患者さんにとっての“不都合な真実”

まず初めに、私は歯科医師として非常に心苦しい話をしなくてはなりません。それは、入れ歯が合わない最たる理由は、保険の制度上、入れ歯に使える材料やかけられる手間に制限があるということです。健康保険を用いた診療では、使える材料や手間が細かく取り決められています。歯科医師は、このルールに則った診療をしなくてはなりません。このことが、ぴったりと合う入れ歯にもっとも大切な“調整”という作業に手間をかけることを難しくしているのです。具体的には、入れ歯は、作れば作るほど赤字になるという事情があります。ある試算では、総入れ歯を一つ作ると、歯科医院側は約2万円の赤字になると言われています。信じられない話かもしれませんが、本当の話です。ですから、歯科医院と患者さんにとって“不都合な真実”として、自分にぴったりと合う入れ歯は保険の範囲内では不可能であるということです。ただし、自費の入れ歯であっても、決して歯科医院側に大きな利益があるわけではないということご理解ください。こうした前提のうえで、自費で作る入れ歯と保険の入れ歯の違いについてお伝えしていきます。

最先端の入れ歯治療はここまで進んでいる!

快適な入れ歯には、以下の条件が求められます。
artificial Teeth splashing on water glass

  • ① 軽い材料でつくる保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。自費の入れ歯で使用する材料には、約1/4の重さのものを使用します。
  • ② 薄い材料でつくる口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、自費の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。
  • ③ 食べ物の温もりを感じられる材料でつくる入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、自費の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。
  • ③ 目立たない工夫入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。自費の入れ歯では、この針金を見えないようにする仕組みがあります。
  • ④ 自分のアゴの高さにあったミリ単位での調整を行う合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。自費の入れ歯の場合には、ミリ単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

【通院回数の目安】

保険の入れ歯の場合:5回程度を目安に考えてください。
自費の入れ歯の場合:6回~7回程度を目安に考えてください。

ぴったり合った入れ歯は技工士の腕次第!!

一般の方にはあまり知られていない事実があります。
実は、入れ歯を作るのは歯科医師ではありません。歯科技工所にいる歯科技工士と呼ばれる方々が、歯科医師から患者様の歯型の提供を受け、それに基づき入れ歯を作っていきます。

つまり、歯科医院が提携している技工所の技術力次第で入れ歯の良し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。

当院では「宮川技工所」という技工所さんと提携しています。
入れ歯に定評があり、毎回、作って頂いた入れ歯の素晴らしさには感嘆させられています。当然、患者様からの評判もよく、安心して任せられる技工所さんです。
今回は、宮川技工所の代表、宮川達也さんにお話を伺ってきました。

仕事をするうえでのこだわりは何でしょうか?

歯科技工士の様々な資格証明書当然のことですが、患者様の要望にしっかり応えることですね。
患者さんによっては、とにかく「早く入れ歯を作って欲しい」
という方もいますし、
「時間がかかってもいいので、しっかりした入れ歯を作って欲しい」
という方もいます。
そのような要望にしっかり応えられるのがプロだと思います。

甘い物が大好きな人に、辛い物を進めても意味がないわけで、その辺は、頑固おやじのラーメン屋のように「これしかやらない!!」と自分の考えを徹底的に押しとおすことはしません。


読者に一言をお願いします。

入れ歯は、先生と歯科技工士、そして患者様の三位一体で作るものです。
ケースによっては、直接私も立ち会い、患者様の顔かたち、歯の色、そしてご要望をお聞きし、患者様に一番適した入れ歯は何なのかをイメージします。
私、そして先生にあなたの希望をお伝え下さい。そのご希望に沿えるよう最大限の努力をさせて頂きます。

歯科技工士さんの作業風景

両親へ“ぴったりと合った入れ歯”を贈ってみませんか?

両親へ入れ歯の贈り物このように、合う入れ歯・合わない入れ歯には、その製作過程や材料に大きな違いがあります。そして、この違いが、入れ歯の使用感に大きな影響を与えます。
合わない入れ歯は、ボケまでの一里塚といわれています。合う入れ歯で物をしっかり噛むことで「ぼけ防止」 にも大きな効果があります。顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し脳細胞を活性化させるためです。これはある統計でも証明されており、アルツハイマーの方には、歯が少ない人が多いようです。 分り易い例えとしまして、眠気が襲ってきている時眠気覚ましに「ガム」を噛むことがあります。これはハッカなどの刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為が脳に新鮮な血液を送りこむので効果があるのです。
このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子さんが来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい。」というご要望もあります。もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

料金表

料金表はこちら

ご予約・お問い合わせ

診療時間・地図

診療時間割

午前の部
10:00〜13:30
午後の部
15:00〜19:00

日曜日・祝日は休診日

パークタウン歯科への地図

パークタウン歯科への地図詳細はこちら

パークタウン歯科 携帯サイト

※当サイトは携帯からもご覧になれます。

QRコード
http://mb.parktown-dc.com